過去のお知らせ

2017/10/22 全日本弓道遠的選手権大会 入賞!

10/20(金)~22(日) 全日本弓道連盟中央道場にて行われた 第68回 全日本弓道遠的選手権大会 において、井上亜紀子選手が、見事 第五位 に入賞されました。
おめでとうございます! ⇒日弓連 全国大会結果


2017/09/03 祝 新六段誕生

9/3(日) 東平尾公園博多の森弓道場にて行われた【福岡】定期中央審査において、
福山市弓連より1名、新六段が誕生しました。
おめでとうございます! ⇒日弓連 中央審査結果


2017/07/16 愛媛国体へ!

第72回国民体育大会愛媛大会 中国ブロック予選が開催されました。
広島県成年女子チームに福山市弓連から井上亜紀子選手・大野梢選手が代表の一員として参戦し、遠的1位・近的1位・総合1位の完全勝利で本国体出場権を獲得。
9月9日から、広島県少年女子チームとともに、松山で行われた国体に出場しました。

2017年ミニ国体

2017/05/21 ばら祭協賛 第38回福山市近県弓道大会 開催!!

今年も、ばら祭協賛近県弓道大会が開催されました。今回は大会史上最高の242名のご参加を頂き、また、福山市のマスコット、ばらの妖精ローラちゃんも駆けつけてくれて、盛大な大会となりました。

第36回 ばら祭協賛 福山市近県弓道大会

2017/01/09 弓道体験会が開催されました!
 ⇒2017/1/11 千田学区とんど祭り 弓道体験会の模様を掲載しました

2016/12/29 福山市弓連だより、通算200号到達!!

内藤快範副会長の手によって、長年にわたって発行されてきた市弓連だよりが、このたび通算200号に到達しました。第1号発行から33年にわたり積み重ねてこられた結果の大台到達です。
審査・大会の結果やイベントの様子を満載し、味のあるコメントを添えて届く便りは、会員の活躍を称え、個々の修練の励みとなって市弓連の活動を支えてきました。


2016/10/02 祝 新六段誕生

10/2 山口県維新百年記念公園弓道場にて行われた【中国】臨時中央審査において、
福山市弓連より1名、新六段が誕生しました。
おめでとうございます!


2016/06/27 神辺弓道場道場開きの模様を掲載しました
 ⇒2016/06/19 神辺弓道場道場開き

2016/05/24 錬士六段 内藤快範先生が 教士に昇格されました!

内藤先生は、長年にわたり福山市弓道連盟の理事・役員として活動され、現在も副会長として連盟を支えて下さる傍ら、過去には広島県弓道連盟の広報も務められ、県連50年史の編纂にも携わられるなど、活躍して来られました。
これらの功績により教士に推挙され、このたび昇格されることになりました。
心よりお祝い申し上げます!!


2016/05/16 福山ばら祭協賛 第37回福山市近県弓道大会開催

5月15日、竹ヶ端弓道場にて福山ばら祭協賛 第37回福山市近県弓道大会が開催されました。200名近い多数のご参加を頂き、盛会のうちに大会を終えることが出来ましたことをお礼申し上げます。
第36回 ばら祭協賛 福山市近県弓道大会


2016/04/18 福山市弓道連盟講習会開催

4月16,17日、広島市と呉市から講師の先生をお招きして、竹ヶ端弓道場にて福山市弓連講習会が開催されました。
講師の先生方には大変熱の入ったご指導を頂き、非常に有意義な二日間となりました。
受講生一同、感謝の念を忘れず、ご指導頂いた事に基づいて修練していくことを確認しあいました。


2016/04/03 広島県勤労者弓道大会

地元竹ヶ端運動公園弓道場で、広島県勤労者弓道大会が行われました。
JFE西日本福山Bチームが優勝し、6月に松山市で開催される、全日本勤労者弓道選手権大会への出場権を獲得しました!
JFE Aチームは前回大会優勝枠で出場権を持っていますので、今年はJFE福山から2チーム(広島県から3チーム)出場です。
ご活躍をお祈りします!!


2016/03/23 祝!新錬士誕生!

3/18 香川県立武道館弓道場にて行われた臨時中央審査において、
福山市弓連より1名、錬士に昇格されました。

2015年度は、福山市弓連から5名の方が錬士に昇格されました。
12/19 東京 特別臨時中央 1名 10/24 広島 臨時中央 2名
6/28 島根 錬士臨時中央 1名
おめでとうございます!



2015/05/31 JFEチーム 連覇の快挙!
「第62回 全国勤労者弓道選手権大会」において、JFEチームが2連覇の快挙を達成しました。

おめでとうございます☆

岩手県奥州市水沢弓道場 於(平成27年5月29日~31日)


《優勝》JFEチーム

監督 水谷昇

前 北野龍志

中 森公彦

後 永井孝浩



2014/08/21(木) 継ぎ矢

 
川本錬士五段が継ぎ矢を達成(!?)しました!

継ぎ矢とは、的に中った矢の筈(弦をかけるところ)に、別の矢が中って真っ直ぐ突き刺さった事を言います。
一見すると、まるで一本の長い矢のように見えます。

 

川本さん曰く「的に中った音がしなかったから、てっきり外れたと思いました。まさか継ぎ矢になっていたとは」とのこと。滅多に無いことなので、大変喜んでおられました。

他の会員も、ほとんどの人はそれまで継ぎ矢を見たことが無いとあって、興奮気味に拝見しました。